超音波システム

ナノレベルの超音波<乳化・分散>技術

ナノレベルの超音波<乳化・分散>技術
Technology of supersonic wave system

--超音波の非線形現象を制御する技術による
ナノレベルの攪拌・乳化・分散・粉砕技術--

超音波を利用した、「ナノテクノロジー」の研究・開発システム

超音波システム研究所は、
これまでに開発した
「超音波による攪拌・分散・乳化・破砕・・」の技術を応用して
効率良く「ナノテクノロジー」研究・開発に利用できる
超音波システムを開発・対応しています。

<<超音波実験動画>>
粉末パウダーのナノ化

このシステムは
以下の装置と技術の組み合わせを基本にして
設計・開発・実験・測定・解析・確認・・・により実現します

<<装置>>

<<技術>>
 *複数の異なる周波数の振動子の「同時照射」技術
 *間接容器の利用に関する「弾性波動」の応用技術
 *振動子の固定方法による「定在波の制御」技術
 *時系列データのフィードバック解析による「超音波測定・解析」技術
 *液循環に関する「ダイナミックシステム」の統計処理技術
 *超音波の「非線形現象に関する」制御技術
 *超音波とマイクロバブルによる「表面改質技術」
 *超音波の「音圧測定・解析技術」
 *揺動ユニットによる
   超音波(キャビテーション・加速度・音響流)制御技術
 *オリジナル超音波システムの開発技術
 *超音波プローブの「発振・制御」技術
 *超音波を利用した「表面弾性波の計測技術」
 *・・・・・

上記を、目的(サイズ、価格、性能・・・)に合わせた、オリジナルシステムとして提案・提供します。

このシステムによる具体的な応用事例

1)カーボンナノチューブ、銀粉、鉄粉、銅粉、
 アルミニウム粉、・・・
 のナノレベルの分散
 
2)各種ポリマーの水溶媒・・・への溶解・乳化

3)1MHz以上の高調波による化学反応の促進

4)各種粉末への表面処理
 (超音波特有の新しい表面処理効果を実現しました。)

5)機械加工・研磨・表面処理・・・への応用・利用
 (鋼材・・・への超音波(高調波)伝搬)

特に、
 超音波の発振周波数に対して、
 対象物への伝搬周波数(キャビテーションと音響流の効果)を
 明確に制御することで、安定した超音波の効果を実現します。

今回開発した技術は
具体的な対象物の構造・材質に合わせ、
効果的な超音波(キャビテーション・音響流)伝搬状態を、
間接容器・液循環・超音波の出力制御により実現します。

特に、
音響流による、高調波の刺激により
ナノレベルの対応も十分に実現しています

金属粉末をナノサイズに分散する事例から応用発展させました。

超音波に対する
定在波やキャビテーションの制御技術をはじめ
間接容器に対する伝播制御技術・・・により
適切なキャビテーションと音響流による<乳化・分散>を行います。

これまでは、各種溶剤の効果と超音波の効果が
トレードオフの関係にあることが多かったのですが
この技術により
溶剤と超音波の効果を
適切な相互作用により相乗効果を含めて
大変効率的に利用(超音波制御)可能になりました。

オリジナルの超音波伝搬状態の測定・解析技術により、
音響流の評価・・・・多数のノウハウ・・・を確認しています。

■参考動画

これは、新しい超音波技術であり、
 超音波のダイナミック特性による一般的な効果を含め
 新素材の開発、攪拌、分散、洗浄、化学反応実験・・・
 に大な特徴的な固有の操作技術として、
 コンサルティングにおいて利用・発展対応しています。

原理の論理的な説明と
 具体的な方法(技術)について
 コンサルティング対応させていただきます。

ガラス容器の音響特性と
制御BOXによる液循環
超音波の出力制御で最適化することで、
ナノレベルの超音波<乳化・分散>を実現させています

充電式超音波洗浄器(50kHz 10W)ガラス容器による

 ナノレベルの撹拌技術

超音波測定解析の推奨システム(超音波テスターNA)を製造販売測

超音波システム研究所は、オリジナル技術による、

音圧測定装置(超音波テスター)の推奨システムを製造販売しています。

新しい超音波の発し・測定・解析技術です。

超音波の伝搬状態に関する、
 管理・検討に適した
 超音波発振・計測・解析システム(超音波テスターNA)を、
 販売開始しました。(2015.08.27)

<<音圧測定・解析>>

<< 流水式超音波制御技術 >>

ナノテクノロジー」の研究・開発<超音波の非線形制御技術

これは、超音波に対する新しい視点です、
今回の実施結果から
対象物と超音波振動子の周波数の関係よりも
システムの超音波振動による非線形現象・相互作用の影響が
大変大きいことを確認しています。
超音波の伝搬状態を有効に利用するためには
相互作用による伝搬周波数の状態変化・・を検出して
最適化(制御)することが重要だと考えています。

コンサルティング事業としては、
2種類の超音波振動子の同時照射を使用するシステムを
主体として展開しています。

超音波システム研究所は、
上記の実験に基づいた技術を応用して、
ナノレベルの表面加工(処理)技術を開発しました。

超音波テスターによる測定・解析技術により
超音波のダイナミック特性制御技術で、
ナノレベルの物質に合わせた
キャビテーションの周波数と強さを
コントロールして表面(加工・音響)処理を行います。

斉木和幸

超音波システム研究所

超音波(伝搬状態)測定・解析に特化した、「超音波コンサルティング」

経歴

1982 3 芝浦工業大学機械工学第?学科 卒業
1982 4 蛇の目ミシン工業 株式会社 入社
1995 3 蛇の目ミシン工業 株式会社 退社
1995 4 株式会社 メイテック 入社
2002 7 株式会社 メイテック 退社
2002 8 株式会社 カトム 入社
2003 3 株式会社 カトム 退社
2003 4 荏原実業 株式会社 入社
2004 3 荏原実業 株式会社 退社
2004 5 株式会社 カイジョー 入社
2007 1 株式会社 カイジョー 退社
2007 2 株式会社 ダイナックス 入社
2007 6 株式会社 ダイナックス 退社
2007 7 株式会社 タキオニッシュホールディング 入社
2008 7 株式会社 タキオニッシュホールディング 退社 
2008 8    超音波システム研究所 設立